スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
涙腺
昨日、なんだか、泣いてばかりいたような気がします。
でも、私の涙腺が弱いのは今に始まったことではないのです。

ほんの小さな頃から泣いてばかりだったらしく、親戚の間で「泣き虫」と言えば
私のことを指すくらいでした。
小さい頃よく遊んでくれた従兄弟達(もう、すっかりオジサン・笑)は、
時々、「あの泣き虫が・・・」と私を見て言います。(笑)
もう、どのくらい泣き虫だったかは、本人、覚えていませんけどね。f(^^;


大きくなれば、自然、泣くこともなくなると思うんですけど、今もよく泣きます。
きっかけを掴むのが、ちょっと難しくなりましたけど、てっとり早く泣くには
やはりTVの力を借りるのが近道です。


私の父親は時代劇大好きで、本放送も夕方の再放送もよく見ていました。
遠山の○さん、水戸○門、大○越前、江戸を○る、・・・などなど。

お茶の間にいれば、自然一緒に見ることになるのですが、
お涙頂戴もの、と理解していても、毎回毎回泣いていました。

あの音楽と台詞、泣かすぞ!と言わんばかりなのに、それでも泣ける。(笑)
やっぱ、時代劇で一番泣けたのは、大岡○前かなぁ・・・。

小学生の頃はアニメの世界名作劇場でも泣いてましたし、大人になってからだと、
少し前になりますが、『救命病棟○4時』は、毎回号泣に近かったですね。

そんな号泣する時は、タオルを握りしめて泣きます。
そのタオルは、ボロボロ泣きながら画面を食い入るように見ている私に、
弟が見かねて投げてくれたものだったりします。(笑)
最初から用意することって、思いつかないんですよねー。f(^^;

ちなみに、そのタオル、大抵、母も反対の端を握りしめて、
同じく泣いていましたっけ。


えぇ、涙腺弱いのは、母譲りなんです。(笑)


【2007/08/16 19:45】 私と私の心 | コメント(3) | トラックバック(0)
<<復活? | ホーム | 浸透するチカラ>>
コメント
[ ]
私も救命病棟では毎回泣いてました!
あと最近では1リットルの涙とか・・・
意地っ張りなので昔は泣きそうになったら
ぐっと我慢する子だったんですが、最近は
年のせいもあるのかがーっと泣いちゃいますね。
でも涙は心のお薬ですよ!
泣いてすっきりして明日からを頑張っちゃえば
いいんだ~と思ってます♪
ただ次の日目が腫れぼったくなっちゃうのは
さすがに厳しいんですけどね(笑)

【2007/08/16 21:32】 | URL | やみぃ #LVwKg0XA[ 編集] |
[ ]
体調のすぐれない時は、泣ける映画を観て涙を出した方がいいと
誰かが言っていましたよ。
内にこもった何かしらが出て行って身体のためには
とっても良い事らしいです。
桃香さんは、そういう必要もないくらいいつも泣いてるんですね。
ナイーブな方なんでしょう。
私もアニメの世界名作劇場を観ては涙ぐんでいましたが
号泣・・そこまでは・・
やみぃさんの言うようにすっきりして明日頑張れる事が一番ですね(^ω^)

【2007/08/16 21:52】 | URL | まかろん #fNnm7P9k[ 編集] |
[ コメント、ありがとうございます♪ ]
◆やみぃさん

おぉっ! 本職のやみぃさんも泣けたんですか?!
やっぱり、あれはいいドラマだぁ~、うんうん。(^^)

1リットルの涙は、確か本で読んだことがあって、あれに効果音が加わったら
もう絶対泣きすぎて、頭痛くなる!(>_<)
と、わざとスルーしちゃいました。(苦笑)

>涙は心のお薬ですよ!

うん、よく解ります!
泣いた後ってスッキリするし、考え方もなぜか前向きになったりしますよね。(^^)
目は腫れないように、号泣した後は小さなアイス○ンをあててましたっけ。(笑)


◆まかろんさん

他の人よりは泣くことに抵抗ない私ですが、ドラマに映画、本を読んだりして、
感情移入して泣くことは平気なのに、自分の事ではなかなか泣けません。

そのせいもあって、アニメでも時代劇でも某管理人さんや栄転の方などのお話でも
つい涙腺が緩んで、というより、壊れてしまうのかもしれませんね。f(^^;


【2007/08/17 22:49】 | URL | 桃香 #qR6iuWxY[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://momokadaily.blog106.fc2.com/tb.php/107-7230d389
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。