スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
月のしずく
月を観ることは好きです。
ふと見上げた空に満月が浮かんでいると、心温かくなったり、
無性に人恋しくなったり・・・。

今日はそんな歌。


なげけとて 月やはものを 思はする かこち顔なる わが涙かな

月が私に嘆けと言って物思いをさせているのか、
それとも 月にかこつけて 涙が流れ出すのだろうか。





以下は、ちょっとした気迷いごと。






見透かされていたことに、戸惑いを感じたのだけれど、
なぜか、その時はうれしかった。

少し浮かれていたのかもしれない。
あの時の彼の言葉が理解できなくて、一抹の不安はあったのに。

けれど、今なら、よく解る。
誠実だった言葉には感謝しているけれど、今となっては解りたくなかった。

無防備な自分と、完全武装の自分。
繕うことも偽ることもなく、自分に正直でいたつもりだけれど。
バランスが取れない私は、大切な誰かの手を掴めぬまま。

どうすればいいのか、どこに出口があるのかも分からなくて、
流れていく季節を眺めるだけ。

月はこんな私に涙をそそいでくれるだろうか。
涙で心は拭われるのだろうか。

いっそ、この身体の血も肉も、すべてを涙にかえて、
深い深い夜の闇に沈んでしまえたらいいのに・・・・・。

【2007/06/25 18:20】 私と私の心 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<笑う門には | ホーム | 私の元にも来ましたv>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://momokadaily.blog106.fc2.com/tb.php/36-c4f06326
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。